トップページ | 2回目です\(^^@)/ »

はじめまして(*^。^*)

こんにちは。

エリザベートの『心理学』のお部屋へようこそおいで下さいました。

こちらは,一般の方達(身体や心の治療家,社会人,お母さんたちなど)向けに行っているセミナーの内容をご案内したり,予告をしたり,私のつぶやきを書き込んでいくコーナーです。

そして,心理学,パーソナリティ,精神保健などに興味があるゲストに覗いていっていただければ…と思いますm(__)m

セミナーに参加してくださっている方達からの感想,質問,書き込み,大歓迎です。

みんなで参加して,楽しい広場にしましょう!

今私達は「エリザベートの会」という心理学のセミナーを行っています。

それでは,まず「エリザベート」の由来から…

今,女性メンバー中心に行っているこのセミナーは,元々湘南国際女子短期大学の生涯学習講座からスタートしました。

世の中では「心の闇」なる言葉が氾濫していますが,感情的になるのではなく,わからないことにしてしまうのでもなく,冷静な目で自分を,人間を眺めてみようではないですか,そのツールとして「心理学」を学んでみませんか?と言うのがその趣旨でした。

「心理学入門-初級編」「心理学入門-中級編」と,熱心なメンバーの皆さんに支えられ,おかげさまで盛況だったのですが(..;)

短大が無くなることで,なーんと生涯学習講座も中止に追い込まれそうに…

ところが,これからも,もっと心理学を勉強したいという有志の方々が立ち上がってくださり,自主開催講座として継続することが出来ました。

名称は「心理学入門上級編」としてスタート。

湘南台の藤沢市市民総合図書館の会議室を借りて,隔週水曜日,2時間のセミナーを開催しています。

その時,「せっかくだから,素敵な名前にしましょう」ということで,何がいいですが?と聞かれて私の頭に浮かんだのは…私が大好きなミュージカルの主人公『エリザベート』でした。『エリザベート』はハプスブルグ家の実在の皇妃です。

「エリザベート」(愛称シシィ)は,ハプスブルグ家が終焉を迎えようとした時代に「ヨーロッパ随一の美貌」と讃えられ,民衆からも熱狂的に支持されました。

心理学的,病跡学的に考えてもとても興味深い人物です。それについては,また折々触れていきたいと思います。

これまで,生涯講座の「初級編」「中級編」でどのような講義を行ったか,またご紹介します。お楽しみに~。「エリザの会」の特典?は,宝塚歌劇の団体観劇会,宝塚の裏話,芸能人のパーソナリティ談義などでしょうか(^_^;)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

湘南台の近くでは,身体や心の治療家で,「心理学」をちゃんと学んでみたいという方々向けのセミナーの講師を務めています。

辻堂駅近くの健療施術院というところです。

今,身体の不調を感じていらっしゃる方,お近くでしたら是非行ってみてください。

スタッフの方は,みんな元気で気持ちがいい方達ばかりです。一生懸命私の講義を聴いて下さって,心の問題にも真剣に取り組んでいらっしゃいます。

このセミナーに興味のある方,私の詳しいプロフィールに興味を持たれた方は下記のURLをクリックしてみてくださいねd(^-^)ネ!

ここから,健療施術院のホームページも是非見てくださいね~。

http://www.etc-karada.com/kenryou/sinrigaku.html

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

今回はまず,4月25日(水)に行われた「エリザの会」のご報告から。

今,パーソナリティ障害という言葉がマスコミを賑わせています。

そういうレッテルを,「私達には理解できない行動をした人たち」に貼って,「私達とは違う世界の人なのだ」と安心するのではなく,社会背景から必然的に生まれてきたこと,私達の周り,そして私達自身の中にも,そういう傾向はあり得るのだ…と言うことを理解していただければと思っています。

それでこの回は,DSMの分類でクラスターAに分類される「妄想性パーソナリティ障害」「シゾイド(失調症質)パーソナリティ障害」について説明し,質疑議論など致しました。

そもそも「障害」という名称が適当なのかどうか,議論のあるところですが,あるパーソナリティの傾向がきわめて強く,本人や周囲が困ることがある…というように理解していただければよいでしょう。

☆妄想性パーソナリティ障害

人を心から信じられず,なかなか心を開いてはくれません。しかし,一旦親しくなると,相手が自分にとって「特別」な存在になり,単なる親切をもっと強い好意だと思いこんでしまいます。相手が自分を裏切らないかということが日々の関心事になってしまって,相手を監視したり,束縛しようとすることもあります。名誉を傷つけられたと感じると,激しい反応を示します。謝罪や賠償を求めますし,訴訟に発展してしまうことさえあります。人間関係は,どちらが上位か,優位かということで判断しがちです。

こういうパーソナリティの人は,古代から存在していたようです。暴君とか独裁者とか表現される人は,このパーソナリティ障害に当てはまると思われます。ローマ皇帝ネロ,フランス革命後の政治家ロベスピエール,スターリンやヒトラーなど…。

ワンマン経営者にもこの基準が当てはまることが多いようです。

このタイプの人を上司や指導者にすると,イエスマン以外は大変な目に遭うようです。部下がどれくらい忠誠を誓うか,自分の意向をくみ取って意見を言うかなど,毎回試される羽目に陥ってしまいます。そして,猜疑心の強い彼らは,「裏切った」と判断すると冷酷に切り捨てたり,粛正したり,処刑したりしてしまうのです。

☆シゾイド(失調症質)パーソナリティ障害

友人関係も,異性も,時には肉親でさえこの人たちには必要でないように見えます。孤独であることが一番心地よいのです。他人の感情にいっさい関心を示さず,無口で感情を表さず,なかなか親密な関係になることは難しいようです。内面世界はユニークであったりするのですが,それはなかなか見えてきません。本当は繊細で過敏なのですが,「感情」というもの自体がこの人たちにとっては耳元でデッカイ銅鑼を叩かれるようなもので,怯えてしまうのです。人間ですから,親愛欲求も,感情も無いはずはないのですが,怯えた不安から自分を守るためには無関心でいるしかないのです。

自分から,医療にかかわることはありません。「引きこもり」だと心配して,親御さんが無理矢理連れてくる…というパターンです。本人は今の状態を苦痛だとは思っていませんし,もっと自然の中で孤独と共に暮らしたいという願いさえ持っているようです。

☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜

パーソナリティ障害についての参考文献・お奨め文献

『普通に生きられない人たち』 磯部 潮 著,河出書房新社

『人格障害の時代』 岡田 尊司  著,平凡社新書

※次回は,5月9日いつもの藤沢市市民総合図書館です。「スキゾタイパル(失調型)パーソナリティ障害」「ボーダーライン(境界性)パーソナリティ障害」についてお話しします。オーダーラインについての知識は良く理解していただきたいので,皆さんのご出席お待ちしております。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

※お知らせ

健療施術院での次回セミナーは,5月17日(木)です。

テーマは「パーソナリティの環境的側面」

家族関係の影響,「人間」になるってどういうことか?,母親・父親の機能,養育環境,きょうだい関係・出生順位による影響などお話しします。「エリザの会」では,詳しく触れられず,事例研究のみになってしまった部分ですので,興味のある方は是非いらしてくださいね!

☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜

◎シシィの読書日記◎

今,寝る前に読んでいる本は

『ブッダは,なぜ子を捨てたのか』  山折 哲雄 著,集英社新書

です。シャカ(ブッダ)の生涯は実は余りよく知られていません。今私達が触れている仏教は,インドから中国に渡り,中国語に翻訳された経典に依っているからです。その過程で様々なことが付け加えられたり,変えられたりしているようです。例えば,ブッダは死後のこと,先祖崇拝のことなど何も語っていないし,「自分の遺骨のことにこだわるな」というようなことさえ言い残しているようです。ブッダは,結婚し,子どもが生まれた幸福の時代とも思われるときに,息子に「悪魔」を意味する名前をつけ,妻子を捨てて放浪の旅に出てしまうのです。なぜ,ブッダはそのようなことをしなければならなかったのか…山折先生の考察が展開します。原始仏教の世界を想像できる本です。

●本日の一句●

白昼夢花見のような顔をして

俳句の師匠より「既成の俳句の概念では全然なんのこっちゃかわからん」と言わしめた迷句でございます。失礼しました~(^_^)ノ

◆シシィの宝塚コラム◆

いよいよ!新生雪組,水夏希さんトップお披露目公演,『エリザベート~愛と死の輪舞』が5月4日に宝塚大劇場で初日を迎えます!!も・ち・ろ・ん,行って来まーす!(日帰りで悲しいが(・_・、))最初に日本で『エリザベート』が宝塚の雪組で上演されてから10年経ちました。今度はどんな『エリザベート』になるか,楽しみですね~。

東京では,花組が5月13日まで『明智小五郎の事件簿-黒蜥蜴/TAXEDO JAZZ』を上演中。どんどん,アドリブが増えてきて,楽しいで~す。

先日,岩瀬さんこと夏美ようさんは,ソファーを運ぶ書生たちに「何をグズグズしているんだ!腹でも減ってるのか!!」とおっしゃいました。

ショーの「仕立て屋の恋」の場面で,春野寿美礼さんが勧めてられているスーツは7万円らしいです。マイク入ってないんですが,春野寿美礼さん,電卓を見ながら,「ななまんえん~??!!!!」と叫んでいらっしゃいました。

※いかがでしたか?第1回目ののブログは?

 メンバーの皆さん,感想をお待ちしてまーす。

|

トップページ | 2回目です\(^^@)/ »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

ブログ・デビューおめでとうございます。
さすがのスタート・ダッシュでございますぅ。(@.@:
講座のサマリーありがたいです(^人^)感謝♪
盛りだくさんの内容、更新,楽しみです(^ー゚)b

投稿: まりあ | 2007年4月29日 (日) 08時38分

ブログ開設、おめでとうございます。

内容豊富で、解釈の違いとか、いろいろ参考になり

ます。今後も楽しみにしてま~す。

投稿: スイトピー | 2007年4月29日 (日) 17時28分

早々のブログ開設、おめでとうございます。

これからの内容、楽しみにしています♪♪

復習に役立てたいと思います。

投稿: オスカー | 2007年4月29日 (日) 18時53分

今晩は♪

ブログの開設、おめでとうございます。

これで復習はバッチリ!?

これからも楽しみにしております。

投稿: アメジスト | 2007年4月29日 (日) 21時23分

先生、素敵なブログを作ってくださりありがとうございます!
授業では見られない先生の一面もわかって
興味しんしんですよ^。^
私も来月からブログを再開しようと思っていますので
是非リンクさせてくださいね(^0^)

投稿: プレママ | 2007年4月29日 (日) 22時27分

楽しく、ためになるブログ♪デビュー
おめでとう&ありがとうございます。
さっそく書き込みも・・・
講座の復習はバッチリ!!宝塚コラムはおもしろく
魅力いっぱいで嬉しいです。次回も楽しみ~
よろしくお願いします★

投稿: バイオレット | 2007年4月29日 (日) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トップページ | 2回目です\(^^@)/ »